廃業(閉店)を考える 3

Zero整体院(自店)を考える

 

現在地は何処か?

Zero整体院 ロゴマーク

 

前回の続きです。

今回は自分のお店のお話になります。

廃業(閉店)を考える①と②で書いてきたよう
どの商売、経営においても現状を取り巻く状態は
厳しくなってきてると思います。

今現在が安泰だと思えても1年後にはどうなって
いるか分からないと言うことも多々あると
思います。

特に個人の自営業で言うならば、自分が病気に
なったり寝込んでしまったり、または数ヶ月の
闘病で整体院を閉めるということになれば現状を
考えれば、これはもう致命傷だと思います。

 

そして、もう一度身体が良くなったからまた休業
を開けて初めてもこの業種で言うならば、
やり直すのはかなり厳しいんではないかと思って
います。

 

自分も以前に書いてあるように、交通事故で
数ヶ月間閉めてまた始めた時は、まぁやれるだけ
やってダメなら仕方がないなという思いでして
いたところはあります。

運良くなんとか今まで行ってこれましたが、
以前とは違うこともあり、取り巻く現状や自分の
年齢もだいぶ変わってしまったので、次また同じ
様な事になるとやり直すのはもう無理かなと
思っています。

 

また例えば、自分の親の介護が必要になって面倒
を見なければいけない事になったり施設に入れた
としても色々と面会に行ってあげなければいけな
い等、他の色々な問題が出てくる年齢になって
きたという事もあります。

 

若い頃は健康は当たり前のように思っていました
が年をとるに従って健康というのがとても
素晴らしい事だなと思うようになります。

 

例えば40歳の時の同窓会があって行くと、何人か
は亡くなっていたりする方も実際いるわけですし
元気に生きていることっていうのが素晴らしいな
と思わされたりもします。

整体が楽しい

まぁ以前からブログで書いてるように、開業して
10年までは借金してでもやると来院してくれる方
に言っていましたが、10年を超えると1年1年
行ける所まで頑張ると。

プロ野球で言うFA の更新のように一年一年更新
して後は出来るとこまで行っていくという考え
に変わって今15年目に入っています。

 

よく同業の方と話す時に、お互いよく今まで
やってこれたなという話になったりしますが、
実際に昔に学院で教えてもらったように、10年
整体業をひたすらにやると色々な諸症状の人が
来て施術をして色々な経験を積むので10年やって
初めて一人前の整体師としてのスタートラインに
立てると言われたことがありますが、実際10年
やって初めて整体業というのが面白くなりました。

 

それまではつまらなかったり苦しかったり嫌
だったり
というのが自分は多かったんですよね。

整体が楽しいとか面白いとか思った事が
なかった。

それ位に自分にとっての整体業は難しかったり
苦しかったりしたという裏返しでもあるんだと
思います。

それが此処数年、ちょっとずつ楽しくなったり
面白くなって来ているので、出来るならもう少し
一年でも一日でも長くできたらいいなと思って
います。

 


整体ランキング

 

 

zero整体院のおかげさまでありがとう

 

あわせて読みたい