廃業(閉店)を考える 2

同業者

同業の廃業

Zero整体院 ロゴマーク

 

前回の続きです。

今回は自分のいる整体業界の閉店廃業のお話に
なります。

自分の同業のお仲間と言われる人達は正直、
5年から10年の間でほとんど廃業してしまい
ました。

よく個人経営などで生き残る確率は10%以下だと
言われたりもしますが、正直見ているとそれ位
にはなってきますね。

そして、ほとんどの同僚は他業種に転職して
行きました。

結構、転職先はトラックドライバーになる方が
多かったですね。

理由はやはり、自分が運転して自分一人で仕事を
やっていけるところが気に入ってるという話を
聞きました。

ですから、自分の知り合いの同業者では
同業種と言われるリラクやマッサージに行くと
いう人はほとんどいませんでした。

後悔はない

そこで実際、辞めた時に送別会と言うか今後の
ためにと言うか理由を付けて会って食事をしたり
しますが、その中の話で整体院を閉店はして
しまったんだけれど正直、独立開業なんてやるん
じゃなかったと思った事はないか?

整体業をしていた時間を普通の会社に転職して
ずっと続けていたならば、そっちの方が良かった
んじゃないかと思うんじゃないかなあとふと
思ったりしたものでした。

もしかしたら、自分の人生の時間の無駄だった
んじゃないかと思ったりするのかと聞いてみると
全員が整体を学んで始めたことは、とても良かっ
たと言いました。

後悔はしていないよという話でした。

一人位は後悔していると言うかと思っていたの
ですが誰一人それは言わなかったですね。

自分がもし同じ立場なら言ってるんじゃないか
なとふと思ったりしました。

しかし全員そういう話にはならなかったですね

同業の仲間が、ポツリポツリ辞めていくという事
が連絡を取って店の現状を話したりとか今まで、
できていた事ができなくなるかいうのが自分に
とってのストレスの一つになってきたというのは
あると思います。

また転職して言ったことによって、もうほとんど
関わりも自然となくなっていきました。

逆に言うと自分が辞めていった職業の人とずっと
付き合い話していくというのもしんどい事じゃ
ないかなあと思ってこちらも自然と疎遠になって
いってしまいました。

そして数少なくなった同業の方の一人で、前の
ブログでも書きましたが、16年間続けている方が
今年でどうしようか看板降ろそうか考えていると
いうのを聞いてまた、ちょっとショックを受けた
ということになります。

できるなら、もう少し頑張って欲しいなと思って
います。

自分も交通事故で入院した時に、その方はすぐに
病院に来ていただいたこともあります。

実際、考えてみると他人事ではなく自分の整体院
もどうなるか、わかりません。

色々考えていかなければならない事は多々
あります。

この続きは、自分の整体院の事について書いて
みたいと思います。

 


整体ランキング

 

 

zero整体院のおかげさまでありがとう

 

あわせて読みたい