慣れてくる(新装版)

最初の頃

昔はチラシ配りを毎日、空き時間があるとしていました。
今みたいにホームページなどない時代です。
お店の宣伝といえばチラシ配り、新聞折り込み、タウン誌に掲載する等、でした。

その中で一番は自分でチラシを配る事です。

さて

整体院に初めて来られる方で、
紹介などでなく、チラシ等で来られる時は
「どうだろう?」と不安な方も多いと思います。
新規の患者様が来られて、施術後に
「思い切って来てみて良かった」
この言葉が、1番嬉しい言葉ですね(^-^)

逆に「来るんじゃなかった」と思われたら
やっぱりガッカリしますよね。

心意気

 

しかし誰でも経験と自信はその1番嬉しい言葉さえ
当たり前のように慣れてくる。

初めて料金を貰って施術した患者様に喜んでもらった時
どれだけ嬉しかっただろう。

変な例えかもしれないですが、
料理人が自分が美味しいと思う料理を作り
お客様が美味しいと感じ食べるのは当然と思うようになったり、
繁盛店などで、何か敷居を高く感じたり。

でも開店の頃は、ただ美味しいの一言のが嬉しくて
頑張れている様な。

慣れてくると初心の頃と違うようになってくる。
時間は流れている。何歳も年を重ねた。
周りの環境も変わった。時代も変化していく。
そして自分も、それに対応しつつ少しずつ変わっていく。

でも誰でも初心の頃を思い出せと言わんばかりの出来事があったりする。

原点を思い出せと。

なぜ今の仕事を選んだのか?
なぜ今の仕事をしようと思ったのか?
なぜ今の仕事を学ぼうと思ったのか?

その頃の気持ちに戻って今の回りの景色を見てみると
どうだろう?

あの頃のように、流した汗の分だけ喜びが返ってくると思うと
もっともっと頑張れる気がする。

でも年数が立てば慣れてきて忘れたり失ったりした事もあれば
経験も含めて色々な事も手に入れる。

差し引きゼロかもしれないですよね。

あっ。 今でも、チラシは配りしてますよ。
ほどよい、ウォーキングと気分転換にになりましから。

原点を思い出したから去年からブログで書いていた様に、
整体院の変化させ始めた訳です。

変化は進化しないといけないのでなかなか大変です。

zero整体院のおかげさまでありがとう