整体業 今生の別れ

整体業 今生の別れ

少し前の話。
何年か、お付き合いのある方が闘病している
のでお見舞いに行きました。
その方が、入院前に、入院したら生きて戻って
来れないかも知れないね。と言われました。

この言葉は、以前にも他の方から聞きました。
その方とは今生の別れになってしまいました
が。。。

お見舞い

整体施術

お見舞いに行くと、痛々しそうで痩せてしまって
ましたが退院したら、お寺回りをするんだと
言ってました。

後、戻って来れたらまたお世話になるからねと。

その方は、私が交通事故にあって動けない時に
お見舞いに来て頂き、その後、整体院を再開して
施術中に以前よりやさしくなったねと言われました。

交通事故に遭って、人の痛みがよりわかる様に
なったんじゃないの?と言われた記憶があります。

もう一頑張りして、退院して
余生を楽しんで下さい。

そう思っていたのですが、
症状の進行度と余命を聞いていましたので、
驚く事はなかったのですが。

しばらくして今生の別れになってしまいました。
寂しいものですね。
年を重ねる程に別れが多くなるものです。

その方にも来られている時に色々と教えてもらったり
学ばせたもらった事も多々あります。

人との付き合いで期間の長短はあるけれど
鮮明に思い出に残る人とそうでない人がいますね。

この方は思い出に残る人の1人です。

長くなるほど思い出に残る人は多くなるのですが
思い出も良い思い出だけではないんですよね。

通い慣れてくると予約の時間を遅刻し始めるので
よく解ります。

そのうちに慣れ慣れしくなり過ぎて、無茶な事を
言い始めたりしますし人としての節度を越えて

きて困る事もあります。
親しき仲に礼儀ありは必要ですね。

やっぱり良いも悪いもあるのです。

でも整体と言う仕事をしていなければ
出逢う事のない人達ですから
この仕事をしている限りの一期一会の世界です。

そう考えると、出来る所まで今の出会いを
楽しんで行こうと思います。

 

zero整体院のおかげさまでありがとう

 

 

 


あわせて読みたい